2010年08月15日

子供神輿連合渡御が終了しました

今年で4回目を迎える富岡八幡宮の子供神輿連合渡御。
前回は3ヶ町(扇橋、千石、石島)合同で神輿を出しましたが、今回は町会ごとに神輿を担ぎます。
扇橋からは年少から小6まで40人のチビッコたちが、元気にカッコ良くがんばりました。

扇橋一丁目町会は神輿蔵を整頓し、お仮屋を設営。さすがは清水の頭、雑然としていた蔵とは思えません。

当日の天気は快晴。今日も暑くなりそうです。

7時に扇橋一丁目児童遊園前へ集合し、青年部の引率で扇橋公園へ。
扇橋公園にてお茶とおにぎりを配布、出発式の後、借り上げの都バスで永代通りへ(神輿は運搬トラックにて移動)。

集合してから担ぎ出しまで2時間半。
祭りってものはイロイロ流れがありまして、始まるまでが長いんです。
が、今回の主役は子どもたち・・・。

子どもといえばやんちゃなもので、待ち時間が大嫌い。次々と熱中症予防の飲料水を消費。果ては、貴重な飲料水を使って水掛け開始! さらにこんなことまで・・・。

「誰だ、こんなことしたヤツ(怒)」
「でもこの写真見たら君がやったように見えるよ(笑)」
「オレじゃないっスよ‥‥‥(泣)」

とはいえ水を浴びれば深川っ子。「声だせ」と言われなくても「お土産もらえないよ」と言われなくても、威勢よく「わっしょい」の声をあげ、約1kmを渡御し終えました。

「終わり=スタート」と部長が青年部打ち上げの場で喝を入れたように本祭りまで1年を切りました。子どもたちに負けない「これぞ扇橋」という神輿を担ぎ上げられるよう青年部一同がんばって参ります。
posted by ou1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43737157

この記事へのトラックバック