2009年07月20日

深川八幡祭切手

[深川八幡祭切手]を更新しました。

全国各地で開催されるふるさとを感じる祭や夏のイベントを題材としたふるさと切手「ふるさとの祭」シリーズの第2弾「ふるさとの祭・第2集(平成21年8月10日発売)」に、東京都の深川八幡祭が選ばれました。
絵は切り絵画家・久保修氏によるもので、「神輿と水掛け」「神輿と富岡八幡宮」がデザインされています。
posted by ou1 at 00:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 更新履歴

二の宮神輿渡御

[二の宮神輿渡御]を更新しました。

二の宮神輿 十六代浅子周慶 作
富岡八幡宮には元禄時代に名を馳せた豪商紀伊国屋文左衛門が奉納した総金張りの宮神輿が三基ありましたが、関東大震災で惜しくも焼失してしまいました。平成三年に台輪幅五尺、重さ4.5トンの日本一の黄金神輿・一の宮神輿が奉納されましたが、その大きさ故に二の宮神輿が作成されました。
平成九年の例大祭で初渡御を行い、以降、本祭りの翌年の例大祭では二の宮神輿が担がれています。

扇橋壱丁目の三部会は、木場五丁目の商工中金前から担ぎ始めます(出発8時30分)。
永代通りを東に進み、東陽三丁目交差点を右折し大門通りに入ります。
東陽一丁目交差点でUターン、再び永代通りに戻って東に進みます。
東陽町駅前交差点を左折し四ツ目通りに入り、江東区役所で担ぎ終えます(到着9時30分)。

町会ごとに担ぎ棒は決まっており、7月18日の三部会顔合わせにてクジ引きを行いました。
扇橋壱丁目は「D」です。
みなさん、張り切って二の宮を担ぎましょう!!


posted by ou1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴

2009年07月01日

青年部長あいさつ

じめじめと嫌ぁ〜な日々が続いてますが、、、家の向日葵や朝顔はすくすく育っております。夏は近い!と言う事です。
梅雨が明けたら直ぐに毎年恒例の「夜店」です。
子どもの頃、青年部のお兄さん達が「焼きそば」や「フランク」を楽しそうに売っていた事を今でも覚えています。
西瓜割りをやってカブト虫を貰ったりして、毎年楽しませて頂きました。
思えば私が青年部に入部したのも、そんな楽しい想い出があったからだと思います。
今年はどれだけ子ども達の笑顔が見れるのか?
その笑顔が未来の青年部へと繋がっている気がしてます。
私達も笑顔を忘れずに楽しみましょう!
10年後、今の子ども達と一緒に神輿が担げれば最高に幸せです。
posted by ou1 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴